情シス

情報システム部の仕事内容【情シス担当が解説】

Nayami
Nayami
情シスってどんな仕事をしているの?

こんな疑問にお答えします.

情報システム部の仕事は大きく分けて4つ

会社によって異なるところもありますが、結論から言うと以下の4つです.

  1. IT戦略・企画
  2. 基幹システムの構築・運用・保守
  3. グループウェアの構築・運用・保守
  4. システム基盤の構築・運用・保守

会社の規模、情報システム部の人数、IT子会社の有無、どこまで外部にお願いするのかによっても変わってきます.

IT戦略・企画

経営戦略や事業計画を実現するために必要なシステムのあり方を考えます.
具体的には、各部署からヒアリングしたり、業務分析したりすることで、現状の課題を発見し、課題解決できるようなITツールを予算やスケジュールなどを考慮して企画します.
IT戦略は将来を見据えた会社全体のシステムを「こんなものがあったらいいな」とふわっとしたレベルで考えます.
場合によっては、コンサルティング会社に頼んで、業界や技術のトレンド、競合会社の動きなどを分析した上で、システムを構想します.
IT企画は機能やコスト、スケジュールをより具体的なレベルまで落とし込みます.

基幹システムの構築・運用・保守

基幹システムとは会社の経営に必要不可欠なシステムで、停止すると代替手段がありません.
一般的に、販売管理システムや購買管理システム、在庫管理システム、会計システム、人事給与システムなど指します.
これらのシステムを構築・運用・保守します.
構築というと、1から10まで作り上げることを想像されるかもしれませんが、そんなことはなく、パッケージと呼ばれる出来合いのものをシステム会社から買って、自分の会社で使用できるようにパラメータをいじったり、カスタマイズしたりします.ニトリで買った机を自宅で組み立てるイメージです.
運用は、システムが正しく動いているかモニターしたり、利用者からの問い合わせに答えたりします.
保守は、システムにトラブルが発生した場合に再び使えるようにしたり、バグを直したりします.
運用と保守の細かい区分けは会社によって異なりますが、運用はマニュアルで決められた定型業務、保守はシステムに変更を加える仕事が主です.

業務システムの構築・運用・保守

業務システムは業務を円滑にするシステムで、なくても煩わしいが代替手段があるものをいいます.
一般的には社内SNSやグループウェア(会議室の予約、文書管理)、メールなどを指します.これらは、なくても電話などで代替できますよね.(不便ですが)
これらのシステムを構築・運用・保守します.
構築・運用・保守の説明は先述したため、割愛します.

ITインフラの構築・運用・保守

社会インフラというと、電気、ガス、水道など生活する上で欠かせないものを言うように、
ITインフラは、ITツール・アプリケーションが動作する上で欠かせないネットワークやサーバー、社用パソコンなどを指します.
これらを、定期的に新しくしたり、セキュリティに問題がないように修正したりします.

まとめ

  1. IT戦略・企画
  2. 基幹システムの構築・運用・保守
  3. グループウェアの構築・運用・保守
  4. システム基盤の構築・運用・保守
Suzuki
Suzuki
情報システム部の仕事は多岐にわたるけど、一部の仕事を別の会社にお願いしているところが多いよ

以上、ご参考になりましたら幸いです.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です