情シス

SIerから社内SEに転職したい!どんな経験をアピールすればよい?

Nayami
Nayami
SIerから社内SEや情シスに転職したいけど、どんな経験をアピールできるか知りたい

こんな疑問にお答えします。

SIerから社内SEの転職でアピールできる経験

SIerから社内SEの転職でアピールできる経験は次のとおりです。

  1. 大規模システムの導入経験
  2. マネジメント経験

大規模システムの導入経験

転職サイトを見ると、大規模システムの導入経験を有する方はどこの企業からも求められているように思います。

社内SEはIT関係の仕事をしていると言えど、ITの知見が比較的乏しいです。特に、システム導入は、その会社にとっては初めてなわけです。規模が大きくなればお金も膨らみますし失敗はできません。

このため、過去に大規模システムを経験したことのある人は、ベンダーからの見積もりで不要コストをバッタバッタ斬り捨てたり、要件定義や基本設計をリードしたりするシーンでリードすることが期待されます。

マネジメント経験

マネジメント経験がある方も社内SEの募集要項として多く記載されています。

会社によって内製化度合いが異なりますが、基本システム構築をベンダーに外注したり、SESの技術者をお願いしております。そのため、技術者を取りまとめて、スケジュール通りに完遂することが求められます。

上司や経営層に報告する機会も多くありますが、必ずしもITに詳しいとは限らないので、技術者に比較的多い専門用語バリバリの説明でなく、素人でもわかりやすい説明が求められます。

まとめ

SIerから社内SEに転職したい人は、大規模システムの導入経験とマネジメント経験をアピールするとよいと本記事で解説しました。

社内SEといっても、会社によって人員規模、取り扱いシステムの規模、内製化度合いが異なるので、ある程度情報収集が必要となりますのでご注意ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です